Arrow
Camipepe

Camipepe

私のスケジュールは現在のところ空いています。
私たちは、チリのラ・セレナ在住のフリーランスイラストレーターのカミラ・オリバレス(カミ)、ホセ・フローレス(ペペ)二人の名前から由来する「カミペペ」です。グラフィックデザインの学位を取得直後に、一緒に活動を始めてから4年が経ちました。最初は気晴らしに一緒にイラストを描き始めたのですが、あまりにも楽しかったがために、真剣にそれに専念することに決めたのです。また、自分たちの時間を最大限活用するためにはフリーランスとして働くことが一番良いと分かっていたので、独立しました。それによって、私たちは誇りに思えるような作品を自由に制作できるようになりました。 「カミペペ」は、創造性、愛、そして努力の結晶です。私たちは、明るい色と子どもらしいシンプルな形を使うのが大好きです。本当に多種多様なイラストを制作することができるデジタル技術も持っていますが、絵画や壁画の分野にも挑戦しています動物、文化、自然、そして日常生活が私たちの好きなテーマですView Full Bio

Latest Updates

子供向けブランドのための豪華なアーティスト達

Jul 27 2021

子供向け広告キャンペーンの最大の特徴の1つは、キャンペーンをデザインするときにクリエイティブ部門が協力しなければならない範囲についてです。彼らは新しい世界を創造したり、製品を宣伝するために新しいキャラクターを生み出したり、懐かしい古典的なキャンペーンを利用するために伝統的な価値観を駆使したりしています。 この全容がとても広大である理由は、今日の現代社会における子育ての多様性によるものです。結局のところ、親はこのセクターの多くのブランドの重要なターゲットですが、子育てには実にさまざまな形があります。ひとり親、二重収入、異人種間の親、LBGTQ+の親、里親、親になりたての初心者向けですが、それでも多くの企業やブランドが、古典的な母親と父親という典型的な傾向を打ち破り始めたのはごく最近のことです。 したがって、クリエイティブ部門がキャンペーンで使用できる境界は無限です。そのため、Yeonエージェンシーはあらゆる課題に取り組み、期待を超える創造性と専門知識を備えた、あらゆるスタイルとジャンルにおいて利用可能なベストセラーのアーティストを豊富に擁していることにとても誇りを持っています。 キャンペーンクレジットを備えた実績のあるアーティストのセレクションと、子供向けキャンペーンにぴったりの魅力をご紹介します。以下をご覧ください。カミペペのコマーシャルスタイルとキャラクターは、子供のような魅力と無邪気さを示しており幼少の読者に理想的です。彼らの作品はそれに対して抽象的な感覚を持っており、したがって限界を押し広げようとしているキャンペーンプロジェクトを美しく彩っています。 スリマリーは、温かみのある色使いと素敵なキャラクターデザインを備えた、人気者で愛されているイラストレーターの1人です。彼女のイラストは、感情的知性に焦点を当てた物語の本との相性がピッタリです。 広告主がそうであるように、特に最後の世代の子供たちがデバイスやテクノロジーに前例のない勢いで触れて育った世界では、初期の子供たちがブランドについてよりよく学ぶことを知っています。したがって、「彼らを若く保つ」能力は非常に重要で、キャンペーンのためにそしてこれの最前線にあるのがアートワークです。 ベアトリス・カストロは、最も商業的で人気のある本のアーティストの1人であり、最近Appleのキャンペーンを完成させました。彼女のキャラクターと力強く映画的なスタイルは、子供と親の双方にアピールするのに十分です。 環境をテーマにしたキャンペーンや子供の科学技術ブランドに最適なジーン・クラウドは、商業的な魅力を備えた事実情報を楽しく説明してくれます。クラウドの作品は、活気に満ちたキャラクターが子供達の市場に直接語りかけ、あらゆるブランドキャンペーンを生き生きとさせます。キャラクター作品以外では、彼の力強いスタイルはレトロな雰囲気や全体的なアプローチを備えたキャンペーンに最適なノスタルジックなトーンで訴えかけてきます。ブランドとの数十年にわたる経験を通じて、私たちは強力なイメージの力を知っており、革新的なキャラクターがキャンペーンの成功の基礎であることを知っています。Yeonエージェンシーを代表するクリエイティブなアーティスト達は、子供と親の双方に共鳴する作品を生み出すことが私たちのゴールであることを理解しています。市場に新しいブランドの中心となって優れたアートを提供し、子供たちのセクター全体にわたるブランドキャンペーンで協力できる、実績のある優れたアーティスト達をたくさん擁していることを私たちはとても誇りに思っています。私たちのエージェントは、将来のプロジェクトについて話し合うために是非皆様とお会いしたいと熱望しています。是非一度お話しをしませんか。お気軽にご連絡下さい!