Pope Twins

Pope Twins

いつでも空いています!貴社のプロジェクトについて是非聞かせて下さい
リズとケイトは2001年にスターフォードシャー大学を卒業してから一緒に作品制作を行っています。2人とも表面ターンデザインの分野で優等学位を取得しており、同分野は非常に幅広いコースを展開しているため各学生はそれぞれの強みを見つけられるようになっています。その中で、ケイトは色に熱心になり、大胆な形を試してみたり、模様やコラージュ、ミクストメディアを組み合わせてみたりしました。リズはよりイラストの分野に傾倒し、より細かいディテールと線に注力したところ彼女独自のスタイルを見つけることができました。それでも2人は同じスキルを用いて主に商業用の作品を中心に活動をしています。リズが下書きを、ケイトが色付けを担当しています。ただし、1人限りの作品の場合は少し別の方法でそれぞれの個性を発揮します。リズは道路で立ち止まり、沢山の道路標識やねじれた電話線、SPAR、路面標示を凝視し、それらが絵画ではどう表現できるのか想像します。ケイトはチャリティショップで古い布や本などペンキを重ねて作品にコラージュできるものなら何でも探し出します。彼女はよく風景を大きなパッチワークがあるかのように見ています。実際、リズはケイトの絵画を色のパッチワークと表現しています!コーンウォールとその周辺に拠点を置くホイッスルフィッシュ・ギャラリーには、2人の絵画や版画の大規模なコレクションが展示されています。インスピレーションを得るために沢山の写真を撮影したり、特にリズは古いフォルクスワーゲンのキャンピングカーに乗ったりすることは、休暇を過ごすのにぴったりの言い訳です!彼らの絵画の多くは、コーニッシュの海辺の町を元にしており、建物の独特さやストリートライフの喧騒を捉え表現しようとします。最近では、ロンドンの歓楽街の描写を楽しんでいます。リズはロンドンのバスやタクシーのディテールでリラックスする一方、ケイトは興味深い色でカラフルな地平線を表現します。アーティストとしての冒険は2人が小さい頃から育ってきた寝室から始まります!ベッドを机がわりにしていたのです!現在は、リズの家にある小さなスタジオで仕事をしています。そこは、ペンキやコラージュペーパー、児童書、スケッチブックでいっぱいであるため、間違いなく家の中で最も散らかっている部屋ですView Full Bio

Latest Updates

ポープツインズ x ピープルピクチャー

Nov 05 2020

ポープツインズはこれまでYeonエージェンシーに一筋の光として名を連ねてきました。先月、「NHSにかける虹」というタイトルのプロジェクトで、The People’sPictureによる不朽の明るい芸術が披露されました。 この作品は、COVID-19パンデミックの間に提出された何千もの写真と物語で構成された巨大でインタラクティブな「希望のモザイク」です。このプロジェクトは、2020年6月22日にロンドンのピカデリーライトで大規模に始まり、最終的にこの芸術作品はNHSの72周年を祝うインタラクティブアートしてオンライン上で見られるようになっています。これはNHSの伝説として残るでしょう。作品は、ロンドンのブルーウォーター、リーズのトリニティ、カーディフのセントデイビッズ、オックスフォードのウェストゲート、ヨークシャーのホワイトローズ、ルイシャムのワンニューチェンジ、グラスゴーのブチャナンギャラリーなどで全国的にデジタル形式と印刷形式の両方でお披露目されます。ポープツインズがこのようにNHSに伝説として名を残すことは、これ以上にない誇りです。ホワイトチャペルのロンドン王室病院に勤務する女性から、この作品を飾った写真(赤い額にポープツインズの作品が収められています)を受け取ったりもしました。病院の壁に飾られ、そこで働く医療スタッフと患者に笑顔をもたらしているとのことです。